英語を使う出会い系について

英語を母国語とした人は日本人男性のように民度の高い人たちばかりではない

出会い系サイトを利用している人の中には英語を母国語とした人もおり、日本語をほとんど話せないけれど日本人との出会いを求めている人が利用しています。
わざわざ日本人がいる出会い系サイトに参加しているということは、日本人と出会いたくて利用しているわけで、その目的はさまざまです。
単純に日本人の友だちが欲しい人、日本語を教えてくれる人を探している、日本人のガールフレンドもしくはボーイフレンドが欲しい、ワンナイトを求めているなどです。
その真意を探るのには時間がかかりますが、もし軽い気持ちで出会いを求めているならすぐに連絡を取り合って会うこともあるでしょう。
ただ特に女性は気を付けなければなりません。
英語を話しているだけでかっこいいとか、素敵に見えてしまうのは分からなくもないですが、日本人男性のように民度の高い人たちばかりではないということを覚えておく必要があります。
彼らは平気で体を求めてきたり、お金を要求してきたりと善悪も分からない人たちも大勢います。
知り合ってすぐに会うことはお勧めしませんが、もし会うことになったらすぐに助けを求めることが出来るような、駅前などの人通りの多い場所で会うのがベターです。
その後の行動も注意しましょう。
人通りの少ない場所や飲食店に行かないことや、無理な誘いに負けて付いていかないことです。
全く知らない者同士がインターネットを通して知り合い、直接会うというリスクを考えて行動するようにしましょう。

見せあいとかぉな電好き♡
絡んでくれる人♡⭐️
LINE来て下さい✉♫pic.twitter.com/1MiGH3Zt5n #出会い系 #オナニー

— 💛あいみょそ💛 (@Poltawa3) 2019年12月16日

英語を母国語とした人は日本人男性のように民度の高い人たちばかりではないあまりにも不誠実な対応なら、今すぐ会える相手を探し求めている証拠出会い系は正直リスクの塊です